安曇野市: 満願寺

  長野県:歴史・観光・見所安曇野市:歴史・観光・見所>満願寺

概要・歴史・観光・見所
満願寺(安曇野市)概要: 栗尾山満願寺の創建は神亀年間(724〜729年)境内背後の長者ヶ池に黄金仏像(1寸8分)が出現し安置したのが始まりとも、聖武天皇の勅願により開山したのが始まりとも云われています。延暦14年(795)、八面大王(※1)の討伐の際、坂上田村麻呂が派遣され当寺で戦勝祈願を行い、見事念願成就した事から堂宇を再建、再興しています。養和年間(1181〜1182年)には木曽義仲が寺領(周辺の森林)を寄進し境内の整備が行われています。中世に入ると当時の領主小笠原家の祈願所として中興開基され、天正12年(1583)に小笠原貞慶(※2)によって現在地に移されました。江戸時代に入ると歴代松本藩主が庇護し、十返舎一九の「続膝栗毛」の舞台の1つにもなっています。明治時代初頭に発令された神仏分離令とその後に吹き荒れた廃仏毀釈運動により明治3年(1870)に一時廃寺となりましたが、明治9年(1876)に再興されました。古くから祖霊信仰が盛んな寺院で、当地方ではその年に無くなった人の御霊は一端、満願寺の境内に集まり、新盆に家族が迎えに行くという信仰が根付き安曇・筑摩領民の総菩提所とも言われてきました。現在も広大な境内には本堂の他、微妙橋(※3)や聖天堂(※4)、絵馬(※5)などが残され古寺の雰囲気が残され躑躅(つつじ)の名所にもなっています。信濃三十三番観音霊場(※6)第26番札所。信州川西三十三番霊場第1番札所。宗派:真言宗豊山派。本尊:千手観音。

(※1)八面大王−魏石鬼(義死鬼)とも。安曇郡に巣くう悪鬼で坂上田村麻呂が討つ取ったとされ、魏石鬼の剣の一部が満願寺に納められた。他説では当時の領主仁科家の家臣等々力家の嫡男田村守宮によって討ち取られ、田村守宮が後年田村麻呂と混同して伝えられてたとも。
(※2)小笠原貞慶−信濃守護・小笠原長時3男。武田信玄との塩尻峠の戦で敗れ没落するものの、何度も主家を変え、最後は徳川家に従い大名(3万石)として復権。
(※3)微妙橋−明治39年(1906)建築、屋根付き太鼓橋、長さ10m、幅2.5m、瀬川伊勢松作、橋板の裏に経文が書かれている事から御経橋の異名がある(御経を唱えながら渡らなければならないとも)。日本三霊橋(満願寺微妙橋・高野山無妙橋・越中立山無明橋)の1つに数えられている。安曇野市指定文化財。
(※4)聖天堂−明治28年(1895)建築、宝形造り、銅板葺、桁行3間、梁間3間、正面唐破風向拝付、正面花頭窓付、外壁は素木、横板張り。安曇野市指定文化財。
(※5)絵馬−馬図2点、慶長7年:1602年作・二十五菩薩来迎図2点、江戸時代初期作・牛若丸弁慶図1点、江戸時代初期作。以上5点は安曇野市指定有形民俗文化財。
(※6)信濃三十三番観音霊場−江戸時代初期頃に選定された古霊場。

満願寺:写真

満願寺
[ 付近地図: 長野県安曇野市 ]・[ 安曇野市:歴史・観光・見所 ]
満願寺 満願寺 満願寺 満願寺
満願寺 満願寺 満願寺 満願寺
満願寺 満願寺 満願寺 満願寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。