小菅神社: イトザクラ

  長野県:歴史・観光・見所飯山市:歴史・観光・見所小菅神社>イトザクラ

概要・歴史・観光・見所
イトザクラ(小菅神社)概要: 案内板によると「昔はバラ科のサクラ亜属サクラ節のもので枝がたれているものを「シダレザクラ」と総していましたが、今はそのうちのエドヒガン(ウバヒガン、アズマヒカセン)の枝の垂れるものをイトザクラとしています。このイトザクラはしないで最も太く、胸高周囲4.2メートル、樹高15.9ートルあります。この母種のエドヒガンは長寿で知られ、「神代桜」などと呼ばれているものは、ほとんどこの種です。老樹ですから大切にしましょう。 飯山市教育委員会 小菅区 」とあります。小菅のイトザクラは小菅神社奥社に続く参道沿いに位置し、平成9年(1997)に飯山市指定天然記念物に指定されています。

イトザクラ:写真

桜
[ 付近地図: 長野県飯山市 ]・[ 飯山市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。