中山道: 追分宿

  長野県:歴史・観光・見所中山道(信濃路)>追分宿

概要・歴史・観光・見所
追分宿(軽井沢町)概要: 追分宿は中山道69次中20番目に位置し、古くから交通の要所として重要視されてきた場所で、江戸時代に入り街道が整備されると中山道北国街道(善光寺街道)の分岐点(分去れ)として多くの大名や旅人、商人などが利用した為に急速に発展しました。中山道には元々多くの西国大名が参勤交代で利用し五街道に数えられていますが、北国街道も加賀藩、高田藩、富山藩、大聖山藩、与板藩、飯山藩、松代藩、須坂藩、上田藩、小諸藩と北陸や信州西部の諸大名が利用しされに、佐渡島で産出される金を江戸まで運ぶ経路でもあり五街道に準じる街道だったので、その2つの街道が合流する追分宿には必然的に繁栄する要素を含んでいました。

追分宿本陣は代々土屋市左衛門家が世襲し問屋を兼ねるなど宿場で大きな影響力があり、主屋は建坪238坪と中山道にある本陣建築としては塩尻宿(長野県塩尻宿)、上尾宿(埼玉県上尾市)に次ぐ3番目の規模があり、表門や式台付玄関、上段の間、次の間など格式も高く、御影陣屋支配下貫目改所(幕府が宿場の問屋場に設置した機関で宿場内を通過する荷物の重量の検査が行われた。追分宿は小諸に置かれた天領代官所である御影陣屋の支配を受けました。)が設置されていました。土屋家は本陣職の他、問屋も兼ねていた為、宿継、伝馬人足の継立ても生業とし明治11年(1878)の明治天皇の御巡幸の際には御宿泊で利用されています。明治維新後に宿場制度が廃止となり近代交通網が整備されると衰微し本陣も明治末期には解体、唯一残された「本陣裏門・天保2年:1832年建築、棟梁:越後国出身 片桐伴、冠木門、切妻、桟瓦葺、欅材」は歴史の生き証人としても貴重で軽井沢町指定歴史的建造物に指定されています。

追分宿は本陣1軒(土屋市左衛門)、脇本陣2軒(甲州屋・油屋)が設けられ元禄時代には旅籠屋71軒、茶屋18軒、商店28軒を数えるなど周辺の宿場の中では最も栄えた宿場の1つとなりました。飯盛女も各旅籠が置いていたとされ最盛期では宿場全体で250人前後は囲っていて明治初頭の開放令の際にも120人を超える人数だったと言われています。現在の追分宿は升形茶屋「津軽屋」や「本陣裏門」などの建物や「追分一里塚」(2基・高さ約4.5m)、「分去れの道標」(「従是中仙道」「従是北国海道」)などの史跡が点在していますが当時の繁栄した宿場町の町並みとしては少し寂しい感じがします。

追分宿は小説家、堀辰雄の作品「菜穂子」や「ふるさとびと」の舞台でもあり(旧脇本陣の「油屋」は小説の中では旅館「牡丹屋」として表現)、室生犀星、中村慎一郎、三好達治、野村英夫、津村信夫、今井慶松、河上徹太郎、嘉門安雄、深田久弥など多くの文人墨客からも利用され作品の題材となっています。松尾芭蕉も「更科紀行」の際には中山道の追分宿を利用したようで「ふき飛す石も浅間の野分哉」の句を残し、鎮守である浅間神社の境内には芭蕉句碑が寛政5年(1793)に建立されています。浅間神社の創建は不詳ですが本殿は室町時代に造営された現在軽井沢町に現存している最古の木造建築物で追分宿の歴史の深さが感じられます。

追分宿:写真

[ 付近地図: 長野県軽井沢町 ]・[ 軽井沢町:歴史・観光・見所 ]
追分宿 追分宿 追分宿 追分宿 追分宿

追分宿・神社・寺院・城郭・古民家

浅間神社
浅間神社
浅間神社
 
白
 
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。