諏訪湖: 東講社(東山田行屋)

  長野県:歴史・観光・見所諏訪湖:歴史・観光・見所>東講社(東山田行屋)

概要・歴史・観光・見所
東講社(東山田行屋)概要: 東山田村は古くから修験道の盛んな地域で行屋は修験道場的な施設として熊野神社参道中断附近に設けられました。江戸時代中期の享保18年(1733)に画かれた「一村限村地図」にも記されていることからも歴史の古さが感じられます。現在の建物は明治時代初期に建てられたと推定されているもので、木造平屋建て、寄棟、平入、桁行5間、梁間4間、坪数19.6坪、茅葺(鉄板覆い)、諏訪地方唯一の行屋の遺構として大変貴重な存在で昭和51年(1976)に下諏訪町指定有形文化財に指定されています。

東山田行屋:写真

東講社(東山田行屋)
[ 付近地図: 長野県下諏訪町 ]・[ 下諏訪町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。