諏訪湖: 丸高醸造

  長野県:歴史・観光・見所諏訪湖:歴史・観光・見所>丸高醸造

概要・歴史・観光・見所
丸高醸造(諏訪市)概要: 丸高蔵は大正7年(1918)頃に長野県木曽郡木祖村藪原から現在地(旧高島城3ノ丸)移築されたもので木造2階建て、切妻、妻入りの本棟造で棟飾りには"雀踊り"、鉄板葺き、桁行10m、梁間16m、建築面積262u。隣接する吉沢蔵は大正4年(1915)に山梨県甲斐市吉沢の紡績工場にあった建物を移築したもので、土造2階建て、寄棟、鉄板葺き、桁行31m、梁間10m、建築面積710u、外壁は白漆喰仕上げ、腰壁は板張り。鰍沢蔵は大正4年(1915)に山梨県南巨摩郡富士川町鰍沢にあった酒蔵を移築したもので、土造2階建て、寄棟、鉄板葺き、桁行26m、梁間10m、建築面積272u、外壁は白漆喰仕上げ、腰壁は板張り。丸高醸造の丸高蔵、吉沢蔵、鰍沢蔵は「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から平成23年(2011)に国登録有形文化財に登録されています。

丸高醸造:写真

丸高醸造
[ 付近地図: 長野県諏訪市 ]・[ 諏訪市:歴史・観光・見所 ]
丸高醸造 丸高醸造 丸高醸造 丸高醸造


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。