諏訪湖: 教念寺

  長野県:歴史・観光・見所諏訪湖:歴史・観光・見所>教念寺

概要・歴史・観光・見所
教念寺(諏訪湖・岡谷市)概要: 源海山高島院教念寺の創建は永正年間(1504〜1524年)、教譽淨念が開いたのが始まりと伝えられています。寺宝も多く、国指定重要文化財に指定されている絹本著色羅漢像の他、諏訪市指定有形文化財に指定されている観経変相曼陀羅、金銅善光寺仏脇士仏、阿弥陀如来来迎図、紙本著色当麻曼陀羅図などがあります。「絹本著色羅漢像」は鎌倉時代末期に製作されたもので、縦136.4cm、横53.3cm、掛幅装、享和元年(1801)に教念寺17世卓門上人が伊勢宝積院の義音上人から譲られたものとされます。「絹本著色阿弥陀如来来迎図」は室町時代の永正6年(1509)に製作されたもので縦95cm、横35.5cm、教念寺の創建時と重なる事から貴重なものとされます。「絹本著色観経変相曼荼羅」は鎌倉時代に製作されたもので、縦143cm、横130cm、絹本著色羅漢像と同様に義音上人から譲られたものとされます。「金銅善光寺仏脇士仏」は室町時代に製作されたもので鋳造金銅仏、鋳造金銅仏。「紙本著色当麻曼荼羅図」は江戸時代の宝永6年(1709)に製作されたもので紙本著色、掛幅装、縦480cm、横425cm、當麻寺(奈良県葛城市當麻)の「綴織当麻曼荼羅」の第五転本とされ宝暦2年(1752)に教念寺に移ったとされます。現在の本堂は天保期(1830頃)に建てられたもので、入母屋、銅瓦葺き、平入、正面3間向拝付、棟梁は立川流四代目・和四郎冨惇。山門は明治時代に建てられたもので、入母屋、銅板葺き、三間一戸、八脚楼門。諏訪湖・湖畔七福神(弁財天)。宗派:浄土宗。本尊:阿弥陀如来。

教念寺:写真

教念寺
[ 付近地図: 長野県諏訪市 ]・[ 諏訪市:歴史・観光・見所 ]
教念寺 教念寺 教念寺 教念寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。