諏訪湖: 青塚古墳

  長野県:歴史・観光・見所諏訪湖:歴史・観光・見所>青塚古墳

概要・歴史・観光・見所
旧渡辺家住宅(諏訪湖・岡谷市)概要: 青塚古墳は長野県諏訪郡下諏訪町青塚に位置しています。青塚古墳は6世紀後半に築造されたと推定される諏訪地方唯一の前方後円墳です。主軸長さ67m、後円部直径33.4m、高さ8.1m、前方部幅42.8m、高さ8mの規模で後円部西側に横穴式の石室があります。石室は安山岩の自然石を用いた乱石積で全長は7.4m、幅2.15mあります。下諏訪青塚古墳は後円部より前方部の方が長いという特徴を持っていて地域の特色がわかる貴重なものとして昭和40年(1965)に長野県指定史跡に指定されています。古墳のくびれ部には青塚社が鎮座し、古墳自体が神聖視されていた事が窺えます。又、青塚古墳の隣地には諏訪大社下社秋宮が鎮座し、埋葬者と諏訪大社が関係がある可能性もあります。

青塚古墳:写真

青塚古墳
[ 付近地図: 長野県下諏訪町 ]・[ 下諏訪町:歴史・観光・見所 ]
青塚古墳 青塚古墳 青塚古墳 青塚古墳


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。