長野市松代町: 佐久間象山宅跡

  長野県:歴史・観光・見所長野市松代町:歴史・観光・見所>佐久間象山宅跡

概要・歴史・観光・見所
佐久間象山宅跡(長野市松代町)概要: この地は佐久間象山が生まれた地です。佐久間家は70石前後の松代藩(藩庁:松代城)の中級武士でしたが屋敷の面積は877.8uの敷地内には主屋以外に槍・剣術場や学問場や硝石製造土場などが軒を連ねていました。元治元年(1864)に開国、公武合体論者だった象山は攘夷派の浪士により暗殺され、佐久間家は断絶、宅邸は松代藩により取り上げられ建物は取り壊されました。現在、当時を偲ぶものは古井戸のみになっていますが生前、象山が愛用した茶室"煙雨亭"が移設され敷地全体が昭和35年(1960)に長野県指定史跡に指定されています。

佐久間象山宅跡:写真

象山生家
[ 付近地図:長野県長野市松代町 ]・[ 長野市松代町:歴史・観光・見所 ]
象山生家 象山生家 象山生家 象山生家


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。