長野市松代町: 旧真田邸

  長野県:歴史・観光・見所長野市松代町:歴史・観光・見所>旧真田邸

概要・歴史・観光・見所
旧真田邸(長野市松代町)概要: 旧真田邸は元治元年(1864)に松代藩9代藩主真田幸教の母、貞松院の宅邸として松代城の城外に建てられたものです。幕末になると幕府の参勤交代制が崩れ出し江戸在住の貞松院も松代に迎えることが出来るようになりました。その後は藩主の隠居所となり明治維新後は真田家の別宅として使用されました。旧真田邸御殿は木造平屋建て(一部2階建)寄棟、桟瓦葺、平入、建坪は408坪で大小53部屋が配され、式台付入母屋屋根の玄関や、座敷の床の間や違い棚、細かな意匠などに大名家の御殿としての格式が感じられます。7973uの敷地には長土塀・屋敷門・長屋・白倉や小堀遠州の流れをくむ庭園などが残り、数が少ない当時の大名屋敷として大変貴重な存在で昭和56年(1981)に松代城と共に国指定史跡に指定されています。昭和41年(1966)に真田家から松代町に寄贈された事で整備され現在は真田宝物館の一部として一般公開されています。

旧真田邸:写真

旧真田邸
[ 付近地図:長野県長野市松代町 ]・[ 長野市松代町:歴史・観光・見所 ]
旧真田邸 旧真田邸 旧真田邸 旧真田邸


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。